FOUR LEAF SOUND
By fourleaf Follow | Public

シンガーソングライター、「歌う詩人」ことMurabayashi によるサウンドプロジェクト。ボストン在住のサウンドクリエーターMonologこと Yuki Kanesaka と共に、3枚のフルアルバムをリリース。2019年1月に初の fourleaf MASHUP版をリリース。

日常から生まれる「リアルな等身大のポエトリー」を、ジャズ、ヒップホップ、ソウルミュージックに絡めてお届け。Spoken wordsを取り入れ、ラップMCとはまた違ったフローにより、ポエティックな言葉を中心においたスタイルを確立。それを自ら "poetry soul" (ポエトリーソウル)と呼んでいる。

Murabayashiはアメリカで10年生活していたこともあり、グローバルな視点から日本人としての表現を模索。「リアルな等身大」をFOUR LEAF SOUNDに体現化することにより、その生き方を発信していきたいと、2018年4月に活動を本格始動させる。

アーティスト名 "FOUR LEAF SOUND" は、幸せの象徴である、四葉のクローバー= "four-leaf-clover" のサウンド版:四つ葉のクローバーのように、FOUR LEAF SOUNDに出会った人に、何かよいことが起こってほしい、という思いからきている。

2019年4月から始動する7年ぶりの新作シリースは、4枚のEPを3ヶ月スパンで1年をかけてリリースするという、今までと少し違った形のプロダクション。それぞれのEPにテーマが設けられ、シリーズ全体にストーリー性をもたせ、FOUR LEAF SOUNDの根幹にあるコンセプトを表現。今回も、MurabayashiとYuki Kanesakaがタッグを組み、ジャズ、ヒップホップ、アフロやソウルをベースに、言葉を主軸にした世界観を建て上げます。